Pocket

pl-2014211729304
いつの時代も白衣の天使と形容わたるナース、つまり看護師に対する憧れというのは著しいものだ。
しかしたとえ憧れを持って要る職業であったとしても、その具体的なお仕事内容については、普段からいまいち病院やクリニック等をよく利用諦める人達にとってはイマイチぴんと欠けるものなのです。一体ナースのお仕事内容とは、いかなるものなのでしょうか。
日々いかなる業務をこなしていかなければいけないのでしょうか。
ともかくナースと一口に言っても何科で勤めるナースであるのかによって、お仕事内容も案の定余程違うものに変わるということは言うまでもなく当然あります。
しかし多くの科では入院患者を受け入れてあり、看護師は主に入院患者のお世話をすることを日々の業務内容としているのです。
つまり入院やる患者からナースコールがあればその患者の病室にすぐに行って様子を見た上で必要と陥る処置や世話等をする必要がありますし、点滴を交換したり体温を図る等の業務を行なう必要があります。
または患者が敢然と病院食を食べているかどうかをチェックして、時々叱咤激励をしたりアドバイスをしたりすることも重要な仕事内容となっています。
このように看護師というのは入院患者達にとっては心の拠り所とも変わるべき大切な癒しの存在であり、日々笑顔で手厚い気持ちでもって病気を抱えている入院患者達と接して行く義務が看護師にはあるのです。
しかしそうは言っても看護師の仕事というのはずっと死とも隣り合わせの仕事ですので、別途看護師自身がストレスを感じてしまったり、かなり眠れなくなって仕舞うということにもなってしまうでしょう。
看護師の仕事というのはやはり失敗が許されない分、ストレスが溜まりやすい仕事であると言われています。
そうであるからこそ看護師はプライベートにおいて十分にストレス発散をしなければいけないのだ。
そうでなければ日々のあまりの責任の重さと緊張感をある程度保って仕事をしなければいけないその重圧にやられてしまい、早期退職等をせざるを得なくなってしまう。
このように世間の人達が想像やる以上に、看護師の仕事というのは大変なものであり、重労働でもあるのです。
なので生半可な気持ちで看護師に変わるべきではないのだ。
ただ憧れだけで医療の世界に飛び込んでは、苦労するのは目に見えていらっしゃる。
まさに患者を救いたいという思いが残る人のみ、看護師を目指すべきなのです。