pl-2014218801024
呼吸とは私たち人間にとって生命維持のために必要不可欠な行為だ。
そのため呼吸困難を受け取る患者さんは、””息苦しさ=死””というイメージに直結行う。
呼吸器科は外科と内科で取り扱う疾患に違いがあります。
外科で多いのはやっぱ肺がんで、自然気胸などが次ぎます。
日本人の死亡原因の1位は悪性新生物であり、がんの中でも男性は肺がんが第1位だ。
内科では気胸、呼吸器感染症、喘息、肺結核などがあり、高齢化の影響もあり肺炎も多いです。
しかし、疾患が違っていても症状は共通始める部分があり、呼吸困難(息苦しさ)や胸痛、全身の酸素不足によるチアノーゼが起こります。
呼吸器科の看護師の主な仕事内容は、バイタルサインの測定や呼吸苦のアセスメントを行うため、検査数値だけでなく患者さんの顔色や表情から呼吸苦やチアノーゼの有無の確認を行います。
高齢者や手術後の患者さんでは、気道の分泌物(痰)が気道や肺に蓄積することで呼吸器の合併症を起こします。
肺の背中側に痰が滞り肺炎を導き出すことを沈下性肺炎と言うなど、入院患者が起こしやすい疾患の一つに肺炎があります。
そのため、看護師は効果的な咳の仕方や痰を燃やすための工夫を立ち向かう必要があります。
手術後の患者さんは、傷口が痛むのを遠のけ、咳をすることを拒む傾向にあります。
そのことを十分に理解し、痛みのコントロールも忘れてはいけません。
喫煙は痰を繰り返す作用があるため、呼吸器にトラブルがいらっしゃる患者さんは予防的に禁煙する必要があります。
呼吸苦が死のイメージに直結することから精神的ケアも必要で、呼吸苦にプラスして、喀血や痰に血がまじったりすると患者さんの不安は増強されます。
そのことから、多少なりとも患者さんを安心させる声掛けや、息をしやすい体位の工夫・血液成分の処理を速やかにするなどの配慮が必要だ。
また終末期医療にも呼吸器の看護は重要であり、痛みや呼吸困難は身体的苦痛から精神的苦痛・社会的苦痛、死を身近に見紛う霊的苦痛にくっつき、全人的な痛み(トータルペイン)が増強行う。
看護師の仕事内容はそのことを理解し、患者さんに苦痛を訴え易い環境の提供・関係性の構築に勉め、積極でに緩和に心掛けることだ。
ますます呼吸器症状の慢性化に従い、在宅医療でも酸素療法を講じる機会が増えています。
在宅看護の分野では家族も包括的にケア始める必要があり、不安の軽減に努めたり、患者さんを助ける方法を指導始めることで患者さんとともに疾患に向き合う姿勢を出し治療の協力を得るためにうったえることが仕事内容だ。