Pocket

pl-2014212082242
循環器科はおもに血管の病気や心臓循環器の疾患です心筋梗塞、狭心症、心不全などの治療が行われ、生命維持に重要なかかわりが残る器官の疾患を賄う診療科であり、患者は中高年の年代が多くなります。
こういう診療では内科と外科があり開胸手術などの大きな手術を行う場合は外科での治療となり、薬物療法やカテーテルなどの治療の場合は循環器内科での治療となります。
循環器科の看護師の仕事内容というと、外来の場合は診察の補助や患者への対応といった一般的な看護師の仕事内容と同じであり、病棟勤務の場合は患者の健康管理や経過観察、点滴や採血、薬の管理なども行います。
心臓疾患の重症者を対象に集中治療を立ち向かうCCUでの業務も行います。
また循環器科には心電図やエコーといった医療機器があり、専門のスタッフとともにこれらの医療機器で検査業務を担当することがあります。
手術のオペ前やオペ後の管理も看護師が立ち向かう重要な業務のひとつであり、ドレーンからの出血量や血圧などのバイタルチェックを行います。
患者に対して治療やその後の生活指導を行うことも重要な業務となります。
手術を行なう時の方法や検査内容については医師から患者や家族に説明されますが、看護についての説明は看護師から行われます。
手術の術式や検査内容については医師だけでなく、看護師も同時に理解しておく必要があります。
循環器系の診療科では専門の用語や略語なども多くあり、これらを知識として身につけておくことも必要となります。
高齢者が増えている一方、心筋梗塞や心不全と言った成人病を患う人は幅広い年代層で増えているので循環器系ではたらく人の需要は将来的に高くなる傾向にあります。
循環器科は急患や重症患者が出やすいので、専門的な知識や技術を必要とし迅速に対応もらえる能力が必要とされます。
重症患者の看護はCCUでの業務も求められることがあり、CCU内での業務は患者の身の回りのケアを行うことが中心となります。
循環器系の疾患は病状が急変することもあるので患者の単なる変化に気塗り付ける、幅広い視野を持つことも大切だ。
業務形態については日勤や夜勤が加わるというのは他の診療科と同じではありますが、特に救急の受け入れを行っている病院に関しては朝も昼も夜も時間には関係無く急患の対応が必要となります。
ナースコールも手広く対応が遅れると命に携わるこういうとある重大な業務もあります。
場合によっては多忙となり体力を求められることもあります。