Pocket

心療内科の看護師
最近では仕事上のストレス等から精神を病んで仕舞う人がたくさんある。
そういった場合には心療内科にいって診てもらう必要があります。
もしもストレス等を抱え込んで精神的に厭わしい状態のままで我慢をしていると、うつ病などになってしまい大変なことになる。
そのためそういったことにならない為にも、精神的に楽しいと感じたら一気に診てもらう必要があるのです。
心療内科はこのようにストレスを抱え込んでいる人が多いので、情緒不安定な人がたくさん診察に来ます。
ですから看護師としては、こういった人達の心の支えになるように敢然とコミュニケーションを取る必要があります。
心療内科はこのように一般の診療科とは違うので、冗談を言ったつもりでも患者さんにとってはそれを冗談と思えない場合があります。
ですからコミュニケーションを並べることはとても大切ではありますが、話す内容には十分に注意した方が良いです。
患者さんの気分を解きほぐすために言った一言が逆に患者さんを苦しめてしまうこともあるので、そういったことのないようにする必要があります。
看護師の仕事内容としては、医師の介助や問診、点滴や注射などを行ったり検査業務があります。
そういった点は他の診療科とたいして貫くのですが、薬については十分に注意する必要があります。
他の診療科ではよく使われないような特殊で著しい薬を賄う場面があります。
ですから心療内科での看護師の仕事内容としてとにかく気を附けるべきことは、そういった薬の保管や取り扱いを敢然とすることだ。
心療内科に現れる患者さんは様々な苦労を体験して、精神的に追い込まれている場合が多いです。
見た目ではどこが乏しいのか思い付か場合もあります。
しかし小さな仕草で面白いと映ることがあります。
ですからこういう何気ない小さな仕草も見逃さないように、患者さん一人一人に気を配って注意して観察する必要があります。
もしもそのような仕草を見逃してしまい後々何かあったら後悔して仮に切れません。
その意味で相当大変な仕事ではありますが、遣り甲斐のある仕事でもあります。
患者さんは助けをもとめて診察しに来ています。
看護師の何気ない言葉に助かるという患者さんもたくさんいらっしゃる。
その意味でも、その役割は思い切り大きく他の診療科ではたらく看護師よりも責任感を持って仕事をすることができます。
こういう仕事は全く奥が奥深いので何年経っても慣れるということはありませんが、その分だけたくさんのことを学べるのだ。