Pocket

pl-2014217994487
心臓血管外科は決して日常的には縁の無い医療科と言える人も多いと思います。
しかし、心臓に関する重要な手術を立ち向かう医療科であり、こういう医療科に始める看護師の仕事内容も非常に重要な仕事であり、責任の厳しい仕事だ。
その反面、人命にきつくまつわる仕事でもあるため、看護師の仕事内容としては非常にやりがいの起こる仕事でもあります。
心臓血管外科は、主に心臓を取りまく血管に関する外科手術を主体とやる診療に関わる医療科だ。
人間にとって心臓はその生命を維持するために非常に重要な臓器であり、その心臓の機能を維持するために心臓の周辺の血管は非常に重要な役割を果たしている。
心臓の周辺の血管に関する医療は循環器科とも呼ばれ、対応始める主な病状に心筋梗塞や狭心症が有ります。
何より心筋梗塞は心臓の周りの血管の中に血栓が発生し、血液の流れをひどくしたり場合によっては血液の流れを押さえつけることにより、心臓が必要な栄養素を運搬する事ができなくなり機能が低下したり一部が壊死してしまう状態になることだ。
その為心筋梗塞が発生した場合にはその治療は一刻を競い合う事態となり、迅速で適切な措置が必要となります。
その治療の方法としては循環器内科で美しく使用わたるカテーテル挿入による血管の狭窄部分の拡張、およびステントと呼ばれる血管拡張の器具の挿入による措置と、外科手術による狭窄した血管のバイパス手術などが概して行われます。
心臓血管外科に於いては、こういう心臓血管バイパス手術が主な施術となります。
こういう手術は血管を切断し人工血管などを利用したりしながらさながら血管の別ルートを新たに作成やる手術のため、非常に高度な技術と経験が要求されます。
また患者の容体にも十分に注意しながら施術を行なう必要があるため、執刀する医師のみならず看護にあたる看護師にも大きい技術と経験が要求されます。
主たる仕事内容は手術を乗り越える患者の容体を確認し手術に踏み止まる状態ですかどうにか、また合わせて状況を確認し患者が手術を乗り越えるためのより良い状態に持ち歩くといった事が要求されます。患者の容体は通常の外科の様な外傷ではないためどうも判断しにくい部分もあり、その為高度な看護技術が必要と上る側面もあります。
心臓疾患はその対応を誤ると即命に巡る重大な疾患であるため、看護師の仕事はいつも緊張の連続でその仕事内容は激務でもあります。
しかし、こんな重要な仕事であるからこそ、人命を救うという観点からは数残る医療科の中でも非常にやりがいの起こる仕事でもあります。