糖尿病科看護師
近年、高齢社会や医療費の増大などでニュースに搾り取りられる機会が多い生活習慣病ですが、引き続き関心が高まっているとは言えません。
生活習慣病は酷い身体症状を欠けるため日常生活に負担を捉えがたく、発見が伸びる危険が幅広いのだ。
その一つに糖尿病があります。
糖尿病とは、血管内の血液から糖分が体内の臓器に取り込まれなくなる疾患で、はじめは無症状のことが多いですが、病態が進行講じるとともに喉の渇きやそれによる多飲・多尿が起こり、疲れやすくなり感染症にかかりやすくなります。
もうすぐは血管がもろくなるため、体内でも単に狭い血管の起こる腎臓や目の障害、神経障害につながります。
重度の合併症を発症すると日常生活に大きな支障をきたすため、早期発見・早期治療が重要な疾患だ。
糖尿病科とは、糖尿病を有する患者さんの専門科だ。
糖尿病はライフスタイルが凄まじく関与した疾患であるため、患者さん自身に自分のライフスタイルについて考えてもらい、食生活をはじめとした生活習慣を改善してもらう必要があります。
糖尿病科ではその方法について指導をし、実施やれる改善策を考えて下さい。
糖尿病の治療目的は、根治を目的とせず、上手に疾患と付き合って出向く方法を見つけることだ。
つまり、糖尿病科は、患者さんに対し自分自身の生活を見直すきっかけを吐出し、今後の生活の質をどんなに続けるかを考えて実施に役立つ練習を積んで頂く役割を担っていらっしゃる。
また、糖尿病科に置ける看護師の役割とは、患者さんの自己管理能力の向上への働きかけ、その人にあった看護の展開だ。
仕事内容は、血糖値の測定方法や自己インスリン注射の実施方法についての指導、食事療法・運動療法の指導などだ。
どんどん、精神的なケアも重要で、糖尿病は慢性疾患であり、患者さんの今後の生活に著しく影響をもたらすため、現在心の負担となっている可能性が大きいです。
患者さんの心理状況をアセスメントし、不安を聞きだし除くという役割があります。
一方で、すべての患者さんに糖尿病という病気の危機感があるとは限りません。
ときには、つらい態度で疾患の恐ろしさや不摂生がもたらす疾患の増悪の可能性について説明し、嗜好品や生活習慣を再び頂くことも必要だ。
一般化の仕事内容とはことなる面が多数ありますが、社会的に必要とされている重要な役割なのです。
患者さんが自分の疾患と向き合い、治療方針について関心を持って主体的に向き合えるよう援助することが看護師に求められる役割であり、患者さんに間近い存在としてときには患者の気持ちを代弁しより望ましい治療を貰えるようにすることが必要です。