Pocket

pl-2014211729304
耳鼻咽喉科の看護師の仕事内容には受付での保険証、診察券の確認や問診票の記入依頼があります。
また、受診を終えた患者に対して医師が説明を十分に出来なかった部分の補足や今後のスケジュールの大まかな説明、検査があれば、当日の注意事項についての説明等も耳鼻咽喉科の看護師の仕事内容だ。
乳幼児の診察は医師や保護者のサポートだけではうまくいかない事が多いです。
結果、多くの患者が長時間にわたって待たされる事になります。
そのような状況を排し、治療がスムーズにすすむようにどうも診察がもたつく乳幼児の診察のサポートも看護師の仕事だ。
耳鼻咽喉科は鼻や喉の症状を改善するために吸入器を使用する事が多いです。
吸入器の衛生管理やうまく使う事が出来ない人のサポートも重要な業務だ。
症状によっては鼻と喉の両方の吸入をするケースがあります。
そんな患者がスムーズに両方の吸入が出来るように準備しておく事も大切な仕事だ。
耳鼻咽喉科の医師は多くの患者のケアをしなければならないため一人の患者の話を十分に訊くことが出来ない場合が少なくないです。
看護師は医師にかわって患者の話に耳を傾け、心身を健康な状態にしてもらう事も仕事内容の一つだ。
医療機関の規模や時期によってはインフルエンザ等の感染症が院内で流行始めるのを防ぐために咳き込む患者がいればマスクを引き取り、着用を依頼する事も重要な仕事の一つだ。
患者からの電話への対応、外部の業者の対応も仕事として行わなければならないだ。
誤った対応をすると病院の信頼、信用を低下させ、患者の減少に陥る業務も担当しなければならないだ。
患者の状態によっては院内でなんらかの処置をしなければならない時があります。
多くの場合。そういうケースは看護師が医師から指示を受け、必要な処置を施す事が多いです。
法律等で認められている範囲の処置を主体的に行う事も仕事内容の一つだ。
処方された薬の使用方法を患者に説明する事も仕事内容になっている場合があります。
また、手術に関する承諾書のサイン、押印を貰う事や患者用の控え用紙を手渡す事も仕事の一つだ。
医療機関によってはカルテの整理が仕事の場合もあります。
こういう仕事が残る事によって、僅か間隔をおいてその医療機関を受診してもスムーズに必要なケアを受ける事が可能となります。
多くの耳鼻咽喉科の業務は患者がスムーズに受診できるだけではなく、健康になるために必要不可欠なものばかりだ。