Pocket

pl-2014217974681
肛門科の看護師の仕事内容はたくさんあります。
外来での医師の介助や問診、検査なども行います。
肛門科は、他の診療科よりも行きづらいと練る人がたくさんある。
またいたたまれないために肛門が痛くても我慢して、症状が悪化やる患者さんもある。
肛門はデリケートな部分なので、医師にでさえものぞかせるのがとても照れくさいと映る人が多くいます。
ましてやもしも異性の看護師さんに診られると思うと、恥ずかしくて居たたまれなくなってしまう患者さんもいらっしゃる。
こういう患者さんの心を汲み取って対応するのも、仕事の一つとなります。
あまりにデリカシーの弱い言葉などは、かけないようにしなければなりません。
仮にこうした言葉をかけられて患者さんが傷ついてしまうと、後々来づらくなってしまうのです。
ですからそういった面に関しては、十分に配慮する必要があります。
また仕事内容に関しては、介助や問診、検査だけに立ち寄りません。
肛門科は肛門だけでなく、その周辺の部分も診察をします。
肛門の周辺の部分と言うのは、内臓のことをいいます。
そのため内臓の病気か何とかについても診察することになります。
ですから看護師も内蔵の知識が求められるのです。
その点が意外だと感じる人もたくさんいるのですが、肛門科の看護師になるには結構広範囲な知識が必要になることを知っておく必要があります。
そのために敢然と勉強をすることが大切です。
また問診にしても、相当大変だ。
殊更肛門に関して話すのをまったく気まずいと感じている患者さんは、全然話しをしたがりません。
それは自分に置き換えてみればわかる部分もあるかと思います。
一度も会ったことの無い人に対して心を開いて肛門のことに関して明かしをするのは、殆どの人は嫌だ。
それは患者さんであっても違いはありません。
例え痛くて仕方がないとしても、実に話しづらい面があります。
それほど異性の人であった場合にはもっとだ。
しかし問診を講じるからには、何かと聞き出す必要があります。
そのためにもコミュニケーション能力を身に塗りつける必要があります。
相手の気持ちを汲んで言いだしに乗れば、相手も心を解くようになります。
そうすればほとんどスムーズに問診を行うことができるのだ。
肛門科の看護師に必要なことはたくさんありますが、その中でもこのようにコミュニケーションのスキルが全然重要になる。
それを身に塗り付けることが出来れば、患者さんにも信頼してもらえるようになるのです。