Pocket

kango(12)
余り馴染みの薄い診療科目の血液内科ですが、癌や腫瘍の治療でやはり注目されている科目でもあります。
癌や腫瘍を大まかに大別すると、局所的な組織に発生始める物と、全身性の物とに別れますが、血液内科では後者の癌や腫瘍をその対象と行なう。
病名としては白血病やリンパ腫等の血液の癌が該当行なう。
白血病やリンパ腫は全身を走り抜けめぐる血液に癌細胞が散らばる状態を呈するが故に予断を許すことが出来ない病気だ。
長期入院や、治療による寛解状態を得ることが出来たとしても絶えず再発リスクを秘めるという特徴があります。
その他の病気として貧血や血小板異常等を挙げることが出来ますが、いずれも何知性の疾病であることが数多く、そのいくつかは厚生労働省の特定疾患に指定されています。
又、専門性が厳しく、高度な治療を要る為、余程大きな総合病院であっても診療科目として設けていないケースもあり、何より地方の医療では深刻な社会問題ともなっているのが現状だ。
そういった特異的とも当てはまる要素を持つ血液内科ですが、従事やる医師や看護師は血液疾患特有の知識や対処技術を習得する必要があり、要するにエキスパート集団と言っても過言ではありません。
血液疾患に於いては、他の疾患と異なり、手術療法で患部を除くことが出来ません。
対処法としては放射線療法や薬物療治療、抗癌剤治療がその中心となります。
勿論患者たちはその副作用に悩まされます。
又、骨髄移植を浴びる患者は免疫抑制剤の使用により免疫機能が極端に低下し、常に感染症の不安を有することになります。
患者の健康管理は医師よりも普段から接触機会を多く持つ看護師が負う部分が凄まじく、全身管理に目を配ることが出来ているか何とかが治療をする上での重要な仕事内容となります。
治療の如何は看護し次第と謂われ所以でもあります。
又、患者には長期の入院や再入院のリスクが生じる以上、その精神的ストレスや不安が積み重なります。
緩和ケアも看護しの重要な仕事内容となる。
ひいては患者の家族も大きなストレスや不安を保ちいることも見過ごしてはいけません。
治療技術に関する知識だけではなく精神医学領域のスキルをも併せ持つことも考慮に入れなければなりません。
様々な仕事内容まつわる血液内科の看護師ですが、待遇の面では恵まれる傾向にあります。
他の診療科目との比較では気苦労の多い職場であることは事実ですが、やりがいを受取ることがやれる仕事内容ですのも事実だ。
よりのやりがいと充実した仕事内容を求める上で、選択肢の一つとして当てることのとれる職種と言えましょう。